Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

仕上げまでの時間配分

久しぶりの更新です。

モーツァルトでの修行を終え、現在はシューマン子供の情景」の後半あたりの4曲を練習しています。約2年振りのシューマン♪大好きな曲なので毎日の練習がとっても幸せです。

やっぱり心の真ん中にはシューマンがいて、たまに他で浮気、いや修行をしてまたここに戻るというのがしっくりくるみたいです。

今回、7番のトロイメライ以外は初めて弾く曲なので、取り組み方を色々実験してみていますが、すでに一つ失敗をしています(笑)

最近は新しい曲はすぐに弾くのではなくてまず楽譜をよく読んでから弾くようになってきているので、今回もかなり楽譜を見て弾き方・フレージング・指使い・全体のイメージ...など考えて、これだ!と決めて最初のレッスンに持って行くという新しい試みをしてみました。

が、あっさり「その段階で一つに決めるのは早すぎます。」とのお言葉を頂きました(笑)

はっ!
そりゃそうだー。

指使いなんかは、さんざん考えて決めても弾いているうちにやっぱり違うとなって、また変更というのはまだよくあるし。弾き方だって、決めた一つ以外にもたくさんあるわけだし。

いくつもの可能性を、頭の中で考えて消去していくのではなくて、実際弾いてみてそれからだんだん絞っていくべきだった。だってすぐに一番適しているやり方に辿り着けるほどの経験も腕も私には無い!そしてそのいくつもの可能性について考え、実際にやってみることがこの先他の曲を弾く為の糧になるというものではないか~!

楽譜を見て考えるのももちろん大事だけど、弾きながら考えるのも大事だった。

大事なところを端折ってしまった〜〜(^^;)


時間がないわけでもないのに、仕上げるのを少し焦っていたみたいです。

あと、こう弾く、と決めてから体に馴染ませる時間が大事!と分かったのでそこに時間を割こうとしすぎたのも敗因。一つのことで頭が一杯になると冷静に全体を考えるということが出来なくなるようです(笑)

1曲を仕上げるにあたっての時間配分。次に何か新しい曲に取り組むときは今回の教訓を生かしてバランスを変えてみようと思います。

◼今練習している曲◼

シューマン子供の情景」7,11,12,13

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村