Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

脳みそ大混乱中

打鍵の改善に着手してから2ヶ月ほどたちました。

この、私にとっての新しい弾き方、練習しながら少しづつどういうことなのか理解し始めているのですが、「力の入れ方」において、どうやら以前と真逆のことをしなければいけないということが分かってきました。音を出すために鍵盤を押す、という作業なので見た目の動きはどちらもほとんど変わりません。でもその中で起こっていることが違うというか。

 

今までは、

弾く前から手・腕・肩など体全体が緊張でガチガチで力が入っている状態。(これはピアノを再開してからのレッスンでだいぶ改善されました)

弾く時は腕・指に力を入れて鍵盤を押す!

フォルテの時はさらに力を入れて鍵盤を押す!!

 

という感じで弾いていました。

 

今やっているのは、

弾く前は全身リラックス。体・腕をキープするために最低限の力だけで支える。

弾く時は指はキープしながら腕を支えている力を抜いて鍵盤に触れる!

フォルテの時はさらに力を抜いて鍵盤に触れる!!

 

…みたいな。

 

なんと、力を「入れる」ではなく「抜く」、で音を発生させることができる!!!

いままでやってたことと逆だ~( ゚Д゚)

 

目から鱗どころか天と地がひっくり返ったくらいの驚きです。ものすごく不思議でぎこちないです。脳みそ大混乱です(笑)

 

そしてその上この弾き方、こんなおまけまで。

 

なんと、力の抜き加減で音の大きさを変えることができるじゃないか!!!

 

これで前から疑問だった「力を入れずに音量を変化させるにはどうすればよいの?」という疑問を解決する方法がひとつは見つかった、ということになりました♪ヤッター!

 

力を「入れる」、ではなくて「抜く」ことで音が発生する。うん、新鮮!

 

…もちろん全てがそうということではなくて、そういう方法もあると分かっただけです。これが正解!と言っている訳ではありません(^^;)ピアノを弾く為には一つのやり方ではなく恐らく様々な方法を駆使しているのだろうと思います。

 

以前「脱力」が少し分かり始めた頃に、体に力が入ったまま弾いていたときのことを、「サイドブレーキを引いたまま車を運転していたようなものだ」と感じました。せっかくなので今回も車で例えるとすれば、

 

「自分では普通に走っていたつもりが、実は公道をずっとバックで走っていたことに気づいた」みたいな感じです(笑)

 

えーうそ?こうやって走ることも出るの?と恐る恐る前に進んで見たら、あら、こっちのほうが真っ直ぐ進みやすい、しかも視界がひろい、楽じゃん〜!と気づいた、みたいな(笑)

 

再開し始めた時はさらにサイドブレーキ引いたまま走ってた訳ですから、サイドブレーキひいたままかガンガンアクセルを踏んでバックで公道を走っていた訳です!(笑)大丈夫か、自分?!?!

 

走りやすい運転の仕方を知った今はゆっくり1メートルくらいなら進めるようになった感じです。まだまだ公道を走ることはできない。教習所内すら危うい。そしてたまに懐かしくなってベートーヴェンなど弾くとあっという間にバックで走り出してしまう( ;∀;)

 

そんな現在です。

 

でもいつかは前方向にすいすい走ることができるようになるかなぁ~。できたら前より遠くまで行けるようになったらいいなぁ。ずっとピアノを続けているとこういう発見がまだまだたくさんあるのでしょうね。

 

 

さて。

先日ブログが2周年になったとはてなさんから連絡がきました。記念(?)に何か新しいことをしてみようかなと思い、勢いでツイッターを初めてみました。

 

ただひたすら「今日は〜を練習します!」とつぶやいてます。不思議とツイッターでつぶやくだけでその時間にちゃんと練習しなきゃ、という気持ちになります。たとえ誰も見ていなくても(笑)

ピアノをやっている方もそうでない方も、ツイッター内で見かけたら是非お気軽に声をかけてください~(^^)/

 

■今練習している曲■
・バッハインヴェンション 6番
モーツァルトソナタK331 主題部分
 

 

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村