Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

音が見つからない

時々頭の中だけで曲の練習をする時がありますが、そんな時はたいてい途中で「まてよ、この音で合ってる?」となってしまいます。私は絶対音感がないので、いつも正しい音で鳴るとは限らないのです。相対音感はあるので曲の途中で行方不明にはならないのですが、最初から調が違っている時がある。

 

ハマリ中の曲が頭の中で自然と流れ出す時は大体正しい調なのですが、そうでない時は何調で始まるか分からない。

 

先日も悲愴ソナタ2楽章を脳内練習していた時に、途中で「なんか違う!」と思い始めて気になって仕方がなくなってしまいました。

 

正しい音が分からない。しかも手元に鍵盤もないし、音源も聞けない。

 

そんな時は最終手段です。

 

私は自分の声で出せる1番下の音がソ(ピアノでいう1番真ん中のドから下がって行ったソです)なので、そこから辿るのです。

 

そうすることで正しい音が探し出せるので、いつからか、たぶん絶対音感が無いんだと認めた頃から(笑)面倒ですがそうやって音を探し当ててきました。

 

子供の頃聴音なんかやってた頃は、いやもしかしたら絶対音感あるかもしれない、と自分の信じるままに楽譜に書き取ってましたが、たまに当たるくらいで(笑)でもいつか出来るようになるかもしれない、今はまだ慣れていないだけかもしれない、と現実を直視しないようにしてました(笑)

 

で、今回も悲愴ソナタのメロディーの始めの音はドなので、いつも通りソ、ラ、シ、ドと辿っていった訳ですが、「んー。まだなんか違う」正しい音が見つからない。そういやこのモヤモヤ感、何度かあるような…と思いつつその日は仕方なくモヤモヤしたまま脳内練習しました。

 

後日。

ピアノで練習した時、やっぱりこの音が正解!と気持ちよく練習できました。何がモヤモヤしたんだろうと考えて、ピアノに合わせて歌ってみたところ…あ、れ?ソより下の音も歌える(笑)なんと、ミまで出るではありませんか!

 

なんだーそこかー!

 

自分の音域が変わってた(笑)

 

そこをアテにしてはいけなかったー!

 

人間の音域って変わるんですね。ということは、急に音域変わるはずはないし、何年かかけて下がっていっただろうし、ここ何年かはずっとハズレてたってことかー。うわー。絶対音感さえあれば…。こんなことで苦労しなくて済むのに(泣)次に生まれ変わったら絶対に、絶対音感を持って生まれてくるぞー!

 

という訳で今後しばらくはまた地道にミから辿る、で行こうと思います。たまに音域をチェックしながら。それか音叉か何かを24時間肌身離さず持ち歩くか?!

 

ちなみに音域が広がったのか、幅は同じで下がったのかは不明です。きっと下がったのだろうなぁ。着々とおばさん道を進んでるということなのですね。ダブルでガッカリです。

 

■今練習している曲■

チェルニー 30番ー7

・バッハ インヴェンション 4番

ベートーヴェン ソナタ 10番 Op14-2 第1楽章

 

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村