Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

脱力と指くぐり。

手の無駄な力を抜くことが出来るようになって、手首から先が縦・横・斜めに、3D的?に、意図して動かせるようになりました。

常に楽に弾くためには、鍵盤のどこを弾くかによって角度や動かし方を変えて、その都度楽に動かせる形に持っていけば良い、ということなのかな?

今まで弾いていた曲もこのやり方で弾こうとすると全く違う感覚です。慣れるまで時間がかかりそう。

親指で鍵盤を押さえる時はちょっと角度が変わります。どこに親指がくるかで手の持っていき方が変わります。なかなか難しい。

慣れるためにどうしたら良いだろうか。単純な規則的な動きで、鍵盤の場所の移動を伴うもの…と考えてハノンを引っ張り出してきて弾いてみました。1番めの、ドミファソラソファミ…のやつです。

そうそう、こんな感じ。ツェルニーでは複雑すぎる。このくらいシンプルで、鍵盤の移動の幅は広く、体と手との角度が色々試せるのが良さそうです。

両手でいっぺんにやるのは難しくて上手くいきませんでした。親指の出番が左右別々だから。片手ずつ弾くのが良い練習になりました。

そのうちだいぶスムーズに動くようになってきました。この感じでいくと、もしかしたら指くぐりが前よりやり易くなっているんじゃないか?と思いついてまずはスケールを弾いてみました。

やっぱり!

今までよりも格段になめらか!

これはアルペジオもいけちゃうんじゃないか?!

と、アルペジオを弾いてみました。

…が。アルペジオはそんなに変わっていませんでした。

やはりコツをつかんでいないのでダメです。でもなんだか出来そうな気がする!もう一度先生に教えてもらおう。

そんなことをやっているうちに、先生からレッスン再開のお知らせが来て、やっと次のレッスンの日にちも決まりました。実は明日です。

レッスンの日が決まるとやはり気持ちが全然変わりますね。ヤバい、やらなきゃ、と(笑)

今回は聞きたいことがたくさんあるのでとっても楽しみです。

レッスン前に仕上がり具合を確認…とベートーヴェンソナタを録音してみたら、思ったほど良くなって無い!

脱力が進んで音が変わった!と思っていたのに、それほど変わっていない??とがく然としましたが、もうジタバタしても始まりません。明日ですから。

とにかく、私なりに感じた変化を先生にも確認してもらってきます。そしてレッスンの無かった半年の間、独学で恐らくめちゃくちゃな方向に深まっているベートーヴェンをばっさばっさと斬ってもらってきます。

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー1
ツェルニー30番ー2
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村