Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

練習再開宣言

ピアノ熱が下がっています。

レッスンを再開してから3年半。こんなことは初めてです。

理由は色々ありますが、一番大きいのは次のレッスンの日程が決まっていないことです。

先生の都合でレッスンがしばらくお休みになっています。次のレッスンの目処は立たず。その状態が3ヶ月ほど続いています。

あっという間にモチベーションが下がりました。あっけないです。

やはり、先生にみてもらうんだからそれなりにやっておかないとまずい、という気持ちがあったからこそここまでやってこれたんですねー。

こんなことではいけない。
まだまだ上達したい。
弾きたい曲もたくさんある。

ということで、今日からまた心を入れ替えて練習を再開しようと思います。いつレッスンが再開しても大丈夫なように。

目標がないからだらける訳なので、いつものレッスンと同じ2週間間隔で目標を立てることにしました!

まずは2週間で
ツェルニー1番のテンポを上げること
ベートーヴェンソナタを分析すること
などを目標にしました。

早速練習。ピアノの蓋をあけるのは実は久しぶりです。ツェルニーをまずはゆっくりと。

せっかくなので、弾きやすい手の角度でも探してみようかと、あれこれやってみました。手と手首の角度、鍵盤と手の角度などいつもと変えて弾いていると…「あっ!」
なんととっても弾きやすい場所を見つけてしまいました。
なんと言うか今までよりも小指を黒鍵に近づけるというか、上から見ると若干ハの字の形にして弾くと、動きのエネルギーがすっと鍵盤に抜けていく感覚がありました。逆に言うと今まで手首で止めていたものがすっと流れていくような。そしてその形・角度で弾くと速いところが今までよりもかなり弾きやすい!
これはまた大発見かもしれない。
右手よりも左手の変化が大きいです。

ツェルニーを一通り終えた後、興奮気味にベートーヴェンを弾いてみましたが「やっぱり♪」と思わずにんまり。

今まで上手く弾けなかった左手の速い部分が、前よりかなり弾きやすくなりました!

この感覚を忘れたくない。一晩寝たら忘れてしまいそうで恐いです。早く練習したくてソワソワしています。モチベーション上がりまくりです。やった!

関係ないかもしれないけれど、譜めくりをした後は何かしら発見があります。前回の譜めくりの時は数日後「腰などの脱力」に気がつき音がガラリと変わりました。目や耳から受けた刺激を自分なりに噛み砕いて噛み砕いて飲み込むと自分にも説明できませんが何か変化?ひらめき?となって現れる、ような気がします。

譜めくり、学びが多いです!!

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー1
ツェルニー30番ー2
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村