Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

自称 譜めくリスト

夏の間にまた貴重な経験ができました。

2月に続き、声をかけていただき2度目の「譜めくり」をする機会をいただいたのです。今回はピアノトリオ(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ)の構成です。

友達に話してもこの高揚感が全然伝わらず…。「ふーん」という反応でしたが、私にとっては譜めくりをするというのは嬉しくて、有り難き幸せで、わくわくして、生きる力が湧いてくることなのです。

だって。
ものすごく勉強になるのです。楽譜ばかり見てますので聴くことに集中できませんが、それでも聴こえてきます。音符が音になっていくのを間近で見る・聴くことができるのです。リハーサルではプロが音楽を作り上げていく過程を垣間見ることもできます。

さて、そんな譜めくりですが今回は、プログラムもほぼ当日にならないと分からない、楽譜も当日でないと見れない、というアマチュアにはとてつもなく高いハードル!!

1週間くらい前から心がざわざわしました。できる気がしない。でも引き受けたからにはやり遂げなければ。

よし。とにかく集中力だけ持って行こう!体調を整えて良い睡眠を取って当日を迎えることだけ考えよう!と開き直りました。

ということで迎えた当日。体調は万全。

リハーサルでは初めて聞く曲を初見で譜めくり。くらくらしました。何を試されているんだ?まるで試験を受けている気分です。なんとかリハーサルを終え、そこから楽譜にかじりついて復習です。ピアニストの方も協力してくださってなんとか準備を整える。

程なくして1回目の公演。とにかく音を追いかける。反省と復習をして2回目の公演。なんとか大きな事故なく終えることができましたー。

一度曲がスタートしてしまったら待ってはくれない。一瞬でも気が緩んだら今がどこなのか分からなくなって楽譜がめくれなくなってしまう。常に緊張感ではりつめたまま。苦しい。でも変な緊張を表に出さないように。あくまでも目立たないことが大事。

緊張、興奮、自分が音楽の中にいるような感覚。そして終わった後はものすごい充実感!

…弾いてないのに(笑)

一音も発してないのに。この充実感は何なんでしょう。

前回も思いましたが、プロの方々が本気で勝負しているその場、同じ舞台上に一緒に居るというのは、もうそれだけでものすごく伝わってくるものがあります。音と映像はもちろんのこと、呼吸や空気感というか言葉で表せないものが圧倒的に伝わってきます。

終わってから1週間ほどは演奏会の曲や場面がフラッシュバックのように何度もよみがえり、余韻がなかなか抜けませんでした。受けた刺激や情報が多過ぎて脳が処理するのに時間がかかっている、といった感じでした。

2月のも合わせると譜めくりをしたのは3公演。そろそろ「譜めくリスト」の肩書きを名乗っても良いのでは?!…いや、「譜めくリスト見習い」くらいにしておこうか…、とニヤニヤしながら妄想しています。

■今練習している曲■
ツェルニー 30番ー1
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章


にほんブログ村