Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

発表会

発表会がありました。年に一度開かれる、大人の為の発表会です。ピアノ仲間と交流できる貴重な時間です。私にとっては年に一度のお祭りのようなもの。

今回の発表会は自分としては今までで一番まともに弾けました。3回目の参加ですが前の2回は緊張の為ほぼ頭の中は真っ白、意識のない状態で終わってしまったので、終わった後「ぜんっぜん思い通り弾けなかった…」という気持ちでいっぱいでした。

今回ももちろん緊張しましたが、あまり多くを求めず、緊張の中でも脱力・呼吸など体の状態にも意識を向けて弾くことを目標にしたので、その点では目標達成できました。

途中ミスもありましたが、大幅に崩れることもなく、練習とあまり変わらず弾くことができました。発表会前にホールで弾く機会があったのも良かったのかもしれません。

弾いたのは子供の情景から抜粋で5曲。子供の情景に取り組んですでに2年がたとうとしています。残り3曲。このまま行くと全曲弾くのに3年かかりそうです。果てしなく長い!

さて、発表会も終わりようやくじっくり練習できるようになり、ワクワクしています。やりたいことがやっとできる!

根本的に見直したい所がたくさんあります。

良い脱力加減で弾くことを体に染み込ませたいし、手の使い方が親指主導になっているの改善したいし、肘から先のアーチの感覚をつかめるようになりたいし、まだまだ他にも。。。

どこがダメだったのか分かったし直すにはどうしたら良いのかも分かりかけている。今なら直せそうと思える所がたくさんある。そこが直れば、子供の頃越えられなかった壁を越えられそうな気がする!

先生に相談しながらその辺りのことをやっていきたい。

あとは発表会が終わったらツェルニーをやることになりそうです。それもワクワクしています。

子供の頃30番を一応終えて40番に入ったあたりで挫折しています。

もういちど30番をやることになりそうですが、あの頃とは全然違った弾き方が出来るのではないかと思っています。

ピアノレッスンを再開してから3年がたち、4年目に入っています。ピアノが楽しくて仕方ないです。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村