読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

コルセットをして弾くとどうなるか

先日、レッスンで思うように弾けず、落ち込んでいました。その後子供と公園に行ってももやもやした気分が抜けませんでした。

緊張のせいで体に力が入ってしまい音は外すし途中で止まるし。すっかりダメなモードに。腰の力を抜くことが全然できなかった。何でそうなってしまうのか。第一練習不足だし。でも、そんな簡単にいつでもどこでも思う通りに脱力して弾けると思うのが間違っている、出来るようになるためには時間がかかると思って取り組まなきゃ。。。

などとごちゃごちゃ考えていたら、不注意で転倒し腰を強打してしまいました。腰の辺りのことを考えていたら腰を打ってしまったのです。

気づくと公園内の歩道に仰向けに倒れていました。

しばらくそのまま立てませんでした。あんなに無防備に歩道に寝そべったのは生まれて初めてです。目の前に広がる青空を見ながら、自分がとってもおっちょこちょいだということを思い出しました。歩きながら考え事をするなんて危険なことをしてしまった。

幸い骨には異常はありませんでしたが、そんな訳で5日ほど日常生活に支障をきたし、もちろんピアノも弾けませんでした。

そのうちひどい痛みも引いてきて靴下も自分ではけるようになったので、6日目ピアノを弾いてみました。

せっかくなのでコルセットをしたまま弾くとどうなるか実験してみました。

結果は、意外と弾ける、でした。

私が弾いてる曲があまり音域が広くないということもあるのですが、じゃまになって弾けないということもなく、コルセットに支えられた状態で腰の辺りの筋肉を脱力すると、音も良く鳴りました。ペダルも問題なし。

結局一番強打したのが尾てい骨だったので、ピアノを弾くのにはあまり支障なかったようです。

腰椎とか座骨を痛めていたらもっと大変だったかもしれません。

それから、立ったり座ったりする時には「ピアニストなら誰でも知っておきたいからだのこと」が役に立ちました。

体を動かす時に頭が前に出ている状態だと腰に負担がかかり、とても痛い。それが、本に載っているような、背骨で頭がささえられている状態だと立ったり座ったりしてもあまり痛くない!

こんな所で役に立つとは思っていませんでした。良い姿勢は何事にも大事ですね。

とにかく。

春休みも終わって、やっとまともに練習できるようになったのだから、早く治して発表会に向けて仕上げていかなくては!

■本日の練習■
シューマン子供の情景op15-4〜10
録音して聴きながらおかしな所を調整
・15-10音を外さないよう暗譜でゆっくり練習

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

くしゃみをすると頭から尾てい骨までが連動して、激痛が走るということもわかりました。くしゃみは絶対にしないことにしています。