読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

スタインウェイに完敗

先日、ホールでピアノを弾く機会がありました。

弾き方が安定していない、バイエルばっかり弾いていて練習不足、という全く準備出来ていない状態でしたが、せっかくエントリーしていたので予定通り出演してきました。

結果は予想以上の惨敗!

ピアノはスタインウェイ。弾き始めると、打鍵と音の出るタイミングが全くつかめない。鍵盤がやけに重く感じる。打鍵してから音が鳴るまでずいぶんかかる。あれ?こうかな?いや違うな?悪戦苦闘。まったく感覚を掴めないうちに終了。

撃沈です。

脱力し過ぎだったのか。ただ「その楽器に合わせる」という力がまだまだ足りないだけなのか。ものすごく前向きに考えると、音の出る瞬間に以前より敏感になっているということなんだろうか。

ちゃんと演奏することは初めから諦めていたので、スタインウェイの音を楽しもうと思って参加しましたが、音色なんて全く聞こえませんでした。かろうじて止まらずに最後まで弾いた、という感じです。そんな演奏だったにもかかわらず、聴いていた人には、良かったよ、すごく落ち着いて見えた。と言っていただきました。そんな風に見えていたとは!

いっそのことバイエルを弾きたかった。どのくらいで弾くとどのくらいの音がでるのか確認したかったなぁ。

発表会のリハーサルのつもりでエントリーしましたが、出ないほうが良かったんじゃないかという思いがよぎりました。

自分としては全く収穫のない演奏会でしたが、とても勉強になったのは他の方の演奏。市民参加型の演奏会なので、子供から大人まで幅広い方が演奏します。

ドレスの人が居たり、普段着のような服装の人も。セーター着て、ちょっと来てみました、みたいな雰囲気の人が素晴らしい演奏をしたりして、とても面白いです。「私はこの曲をこう弾きたい!ここが好きなんだ!」というのが伝わってくるような意思のある演奏が好きです。プロの演奏会ももちろん好きですが、プロでない人の演奏もとても興味深い!

あまりの不出来に意気消沈していましたが、他の方の演奏に刺激を受けて一転、私も頑張ろうという気持ちになれました。

■本日の練習■
・バイエルを使った練習
シューマン子供の情景Op15-4、5、7暗譜できていない所の確認

発表会の時は当日リハーサルができるから、今回ほどの惨劇にはならないはず。あと練習不足は緊張につながるので、発表会までにはちゃんと練習しよう、と改めて思いました。
頑張ります。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村