読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

脱力で英語が上達

腰の脱力が意識できるようになり、一気につま先まで意識が行くようになりました。指や腕は以前からできていたので、これで全身に行き渡ったような感じがします。

それで音が変わったこと以外にも色々変化がありました。

ピアノに関係すること
・ペダルの深さの加減ができるようになった。
・録音した音と弾いている時に耳に入ってくる音の誤差が少なくなった。

ペダルはよく「深すぎる!」と言われるのですが正直分からなかったのです。音が混ざっているかどうかはわかるけれど、ペダルが効きすぎているかどうか聴き分けられない。それがなんとなく聴けるようになり足の調節でコントロールできるようになりました。

ピアノ以外のこと
・走りやすくなった
・大きな声が出しやすくなった
・英語の発音が良くなった

二階から子供を呼ぶときに頑張らなくても大声が出るようになりました。声を出す前の呼吸も何か違います。英語に関しては子供に教える時の発音が良くなりました。

なぜそうなったのか、なんとなく理由が分かるものもあれば、分からないものもあります。
とにかく体がコントロールしやすくなったような気がします。不思議ですね。

■本日の練習■
・ブルクミュラー25の練習曲1番「素直」
脱力と重心を意識して
シューマン子供の情景
op15-5 思い出しながら 分析して分かったところを取り入れて 
op15-9、10 通して練習

今日は午前中調律に来てもらいました。音がピッタリ合っているピアノを弾くのはとっても気持ちいいですね。1時間の練習でした。



にほんブログ村