読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

小さな発見

先週は、夫がインフルエンザ、子供が一人学級閉鎖でお休みとなり、私もほぼ一週間家にこもりきりでした。
高熱のある人と元気で暇をもてあましている人がずーっと家に居るわけですから、当然ピアノはろくに弾けず悶々としておりました。

週が明け、今日はみんな元気に出かけて行きました。元気が何よりです。

さて、弾けなかった一週間の間に小さな発見がありました。

基礎的な練習の中で、「高い音から低い音へ向かってほぼ鍵盤の端から端まで弾いた後、すばやく移動して最初の高い音に戻って弾く」というのをやっています。つまりスムーズな体重移動と姿勢の維持、の練習です。これがどうにも苦手でコツがつかめないでいます。

もう一つ気になっていることに「ピアノを弾く時の自分の姿勢が妙に良すぎる」というのがあります。以前発表会に出た時の写真があるのですが、背筋がピンと伸びすぎているというか、腰が反りすぎのように見えるのです。元々猫背なので、意識して背筋を伸ばしているからかもしれません。でも何か不自然。

このふたつのことをぼんやり考えていて…はっと気が付きました。

もしかして腰のあたりに余計な力が入っているんじゃないか?

今までのレッスンで指・手首・肘・肩の脱力は意識できるようになってきました。
でも、腰や背中、足までは意識がいっていなかった!
もしかしたらそのせいで体重移動がしにくいのかも!

さっそく今日ためしてみました。
やはり腰周辺に力が入っている。
腰周辺の脱力を意識して先ほどの練習曲をゆっくり弾いてみる。
脱力、細かく言うと姿勢を保つのに最低限必要なところにだけ力を入れて、それ以外の不要な筋肉を緊張させない、ということですね。
椅子に座ったまま骨盤を右に傾けてできるだけ右側に寄り、肩は左右同じ高さを保ち胸から上は椅子の真ん中に座っている時と同じ姿勢になるように心がける。
その状態で背中・腰・足などの余計な力を抜く。これだとおそらく横から見てもリラックスした姿勢になっているはず。高い音から弾き始めて重心を安定させたままだんだん骨盤を左に傾けていく。
難しいけれど今までより全然動きやすい!
やはり私の場合そこがネックだったようです。
まず「高い音から低い音へ向かって行く」だけでも繰り返し練習する必要がありそうです。
「一番低い音を弾いたあとすばやく移動して高い音へ戻る」のはそれができるようになってからですね。

さらに発見がありました。大きく体重移動する曲でなくても腰に力が入っていることに気づきました。どうも弾いているとだんだんと腰や足に妙な力が入り、重心が上がってきてしまうようです。今まで気づきませんでした。
これを意識して重心を安定させて弾いてみると…
音が変わる!!
力が上手くピアノに伝わっていくような感じです。
小さいけれど大きな発見でした。
そうか、まずは椅子の真ん中に座って腰周辺の脱力を意識しながら弾く、というところからはじめたほうがよさそうですね。

体の使い方は本当に大事ですね。
腰の脱力、時間をかけて習得していきたいです。



■本日の練習■
・基本練習
シューマン子供の情景
Op15-9,10

今日は1時間半の練習でした。




にほんブログ村