読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

「大丈夫、きっとできる。」と思えない時

その曲をどう弾きたいか。


自分の演奏を組み立てて行くには、まずはその曲がどう作られているか知る必要がある。

そこはとっても苦手分野で今まであまり深く掘り下げずにやってきたのだけれど。

レッスンでその力が不足していることが浮き彫りになってしまった。

自分らしい演奏、人に伝わる演奏をするには。「ここが好き」とかそういう感覚的なことだけでは全然足りないんですよね。それももちろん大事だけれどその前に。まず大前提としてその曲の造りを理解して、作曲者の意図を理解する、ということが必要。聴いていて良いなと思う演奏はそこがちゃんと考えられているんじゃないだろうか。

どう弾くかの引き出しを増やしている場合ではなかった。先にやらなければならないことがあるではないか。

どうすれば構造が分かるんだろう。どんな形式をとっているかとか、和声の進行とか、どこで転調してるとか。

楽曲分析(アナリーゼ)をする?
楽典を勉強しなおす?
作曲家の生い立ちを知る?
実際どうすればいいのか見当がつかなくて途方にくれています。

でもきっと、ここをちゃんと押さえれば違う景色が見えてくるような気もする。

技術的なことならどんなに面倒なことでも長い時間がかかりそうなことでも「やってみよう!」と速攻で思えるのですが、今回はなかなか「よし、やろう!」とすぐには思えない。考えなければいけないことの範囲が広すぎる。できる気が全然しないー!

でもでも。

レッスンから3日ほどへこんでいたけれど「分からなくてもとにかく何かやってみる」と自分に言い聞かせて、まずは今やっている曲を形式的な面から見てみています。aとかbとかにグループ分けしてa-b-aなどにするやつです。

やっているとレッスンで「ここはこれの繰り返し…」などと何度も話に出ていたことに気づきます。ヒントはたくさん出されていたんですね。
楽譜をコピーして、切って、貼って…と非常にアナログな作業をしていますがほんの少し頭の中が整理されてきた気はします。

この方向で合っているのか、分からないけれどとにかく「やってみる」。

それがきっと大事なはず。


■本日の練習■
ベートーヴェン ソナタ op49-1
第一楽章
後半一番盛り上がる所。クレッシェンドからpまでの流れを部分練習。

シューマン 子供の情景 op15-8 「炉端にて」
リタルダンド周辺の部分練習。速さの調整。

切ったり貼ったり色々やっていたのでピアノを弾いたのは30分ほど。ピアノの前に座らなくてもできることってたくさんありそうですね。




にほんブログ村