読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

引き出しを増やそう

曲が仕上げに入ってきたので、あとはどう表現したいか、という段階になってきました。

普段は他の人の演奏を参考にするのはあまり好きではないのですが、先生の勧めもあって今回はCDやネットで探して聴いています。

新しい曲を弾く時や弾きはじめの段階で聞いてしまうと、私はその演奏ほうに寄っていってしまって、まねになってしまいます。

しかもゴールが決まってしまうので、完成形に近づけていくだけの作業になって、どう弾くかを頭が考えなくなってしまいます。

なので極力聴かず、先生の示してくれるほんの少しのお手本を頼りに、あーでもないこーでもないと考えるのが好きです。

なのでそのまま自分なりの完成形で終わる時もあります。

仕上げの段階でも、他の人の演奏を聴くと、自分の演奏でなくなってしまいそうで何だか抵抗があります。

でも今回聞いてみて、仕上げの段階だとそんなに影響されないと分かりました。

というより、プロの演奏はそう簡単にまねできない!

という当たり前のことに気がつきました。

うわーここ素敵!と思ってもどうしたらその音が出せるのかわからない。分かったからといってできるとも限らない。

でも全部まねることはできないけれど、一部取り入れたり、ヒントにすることはできる。

なんだ、ぐずぐず考えていないで、色々な演奏を聞いてみる、というのをどんどんやっておけばよかった。

もともと引き出しが少ないんだし、「自分の演奏」と言ってもこれといって立派なものでもない。色々やってみてとにかく引き出しを増やそう。


■本日の練習■

・基礎練習
ベートーヴェン ソナタ op 49-1 第一楽章
左手でメロディーを弾く所、右手がじゃましないように。
全体を通して止まらないように。
シューマン 子供の情景 op15-8「炉端にて」
苦戦していた音符の長さがやっと楽譜通りに弾けるようになった。あとは伴奏がうるさくならないように。ちょうどよい速度で弾けるように。
中間部の内声をどうしようか、まだ決まらない。

今日の練習は1時間。
レッスンまであと2日。
色々試してみます。






にほんブログ村