Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

やっぱりもう一度

当時は家に鍵盤が無かったので、まず電子ピアノを買いました。探してみると昔弾いた楽譜も出てきます。久しぶりの鍵盤。やっぱり楽しい。そしてやっぱり下手。

でも良かったのです。私にとっては最高の気分転換です。音楽がそばにある生活が戻ってきた!

とにかく指が全く動かなくなっていたのでハノンなんかを弾いてみたり。少し動くようになったら今度はトロイメライなんかを弾いてみたり。楽しい。

しかし。しばらくそんな時期を過ぎてまたやってきます。

「なんかうまく弾けない」

鍵盤に触れるだけで幸せだったはずが、また自分の下手さに耐えられなくなります。当然なんですけどね、ずっと弾いてなかったんですから。今回はさらにピアノを長いこと聞き込んだ時期の後だったので、なおさらハードルが上がっています。頭の中の音楽とのあまりの違いに悲鳴を上げます。

今より少しでも上手くなりたい。少しでも音楽に近づきたい。ちゃんと先生に習えば少しは良くなるだろうか…。

どこかに良い先生は居ないかとアンテナを張り巡らせること1年ほど。運良くピンと来る先生が現れ、一度お会いしてみて即決。

そうして遂に、約25年のブランクを経てまたピアノレッスンを再開するこになったのです。

■本日の練習■

・基礎練習

ベートーヴェン ソナタ Op49-1第一楽章

スラーなのにぶつぶつ切れてしまうので、音が切れないように練習。第1テーマだけを重点的に。少しよくなった。

シューマン 子供の情景 Op15-8 「炉端にて」

案外早く指使いが決まった。楽譜通りに弾くと左右の手が交差するところを、部分的に音符を入れ替えて指を開かなくても良いように考えてみた。まずは指に馴染ませよう。

 

今日は1時間半の練習。たまにスマホで自分の演奏を録音して聞いて確認しながら練習しています。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村