読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

妄想のピアニスト

音楽教室のグループレッスンから始まり、小学生になるとそのうち個人レッスンに進みました。バイエル、ハノン、ツェルニー。ピアノが楽しい。ピアノは遊び相手。いつでもそばにいてくれました。

 

その頃一番気に入っている遊びがありました。

 

私の家にはクラシック音楽のレコードがいくつかありました。全て父のものです。ピアノはショパンラヴェルなど。私も大好きでよく父の大きなステレオでこっそりかけては、流れてくるピアノに合わせて弾きまねをしていました。想像の中では私は偉大なピアニスト!髪を振り乱して熱演です。それが一番のお気に入りの遊びでした。

 

いつかはこんな風に音楽を奏でられる。音楽の世界で自分を自由に表現できるはず。と思っていました。

 

■本日の練習■

・基礎練習

ベートーヴェン ソナタ Op 49-1 第一楽章

4分音符=48くらいに速度を落としてゆっくり練習。スラーを意識して丁寧に確認しながら弾く。

装飾音符がうまく入らない時がある。指先だけで弾く感じでやってみる。

シューマン 子供の情景 Op15-8「炉端にて」

まだ左右の手が上下する所が定着していないので体に覚えさせるよう繰り返し練習。

少し速度を速めて練習。

シューマン 子供の情景 Op15-4,5,6,7,8

忘れないようにたまには続けて弾いてみる。

 

今日は1時間の練習。

明日はいよいよレッスン。

楽しみです。