Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

苦手克服への一歩

忙しかった3月にひとつ、ステージで弾く機会がありました。そんなことしてるから体調崩すのですが(汗)

 

昨年も参加した、会館の大ホールで演奏する会です。昨年出た時は、「できればバイエルを弾きたい」という心境でした。ピアノの弾き方がガラッと変わったばかりで、曲を弾くよりどんな音が出るか音の鳴り方を確認したかった時期でした。

 

今年はというと、少しは進歩して、「できればチェルニーを弾きたい」という心境でした。ある程度安定して自分の体をコントロールできるようになってきたチェルニーをホールで試してみたかった。

 

ですがそういう訳にもいかず。ベートーヴェンソナタ19番1楽章を弾きました。

 

目標はひとつにしました。体に意識を向けて弾く。体に無駄な力が入っている所はないか、弾きながら呼吸はできているか。なるべく普段と同じような体の使い方をどこまでできるか、そのことだけを考えて弾きました。

 

弾いてみた結果、もちろんいつものようにとは行きませんでしたが、思っていたより体を意識して弾くことができました。呼吸もできました。去年に比べれば随分体の使い方がなじんできたようです。一年かかりました(涙)そして意外にも大きな収穫だったのが、以前よりも緊張しなかったことです。

 

ステージで演奏するのは一年ぶりのはずなのに何故あまり緊張しなかったのか。体へ意識を集中していて緊張する暇が無かったというのもありますが、もっと大きかったのは…あれです。「譜めくり」です。

 

譜めくりよりまし!」

 

舞台上に出て行く時に、そう思ったのです。昨年一年間に譜めくりをさせて頂く機会が3回ありました。その時の緊張感といったら!!!

 

楽譜をめくるだけなので自分が演奏するわけではないですが、責任重大。失敗は許されません。しかも練習はほぼ無し。楽譜も、先に渡されるものもあれば当日初見のものもある。私のようなシロウトにはある意味ひどい仕打ち(笑)です(いや、もちろん素晴らしい経験でした。念の為)。舞台上に居るのは私以外プロの音楽家。聴いている人はお金を払って聴きに来ている。

 

事故無く終わった後は弾いてもいないのに大仕事をやり終えたようなものすごい充実感でどっと疲れます。

 

それに比べたら。

 

たかが自分が弾くだけ。散々練習してある曲を私が弾くだけ。お客さんはお金を払って聴きに来ている訳でもないし、何ならお金払っているのは私のほうだ!

 

そう思ったら、楽なもんだ、と思えてしまいました。

 

譜めくりの経験がこんな形で役に立つとは思いませんでした。もちろん私にとってはものすごく学びの多い経験だったのですが、こんなオマケがついているとは。

 

そんなこんなで緊張という苦手克服が一歩前進しました。

 

ということは、もしかしたら、苦手克服にはその苦手の最悪の状態を経験すればいいんじゃないだろうか?

 

例えば何の予告もなく、満員の大ホールの舞台上で、原稿もなく1時間くらい話をする(人前で話をするのが大の苦手です)くらいの酷い経験を一度くらいすれば、もっともっと緊張しなくなるんじゃないだろうか。

 

もしかしたら、苦手な暗譜だって、「練習なしで弾かされる訳じゃないんだし、余裕〜!喋るよりマシだし!」なんて思えるようになるかもしれない!

 

なんてことを考えた1日でした。

 

■今練習している曲■

チェルニー30番ー6

ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 

 

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

 

睡眠と運動そしてピアノ

新年度がスタートしました。
子供と暮らしているので一年の始まりは1月というより、4月、という感じがします。

先月は子供の進学にともなって苦手な書類作成や手続きがたくさん!ついに体調を崩しました。

夜中子供が寝た後に作業する事も多くなり、睡眠不足と集中力の使い過ぎのせいか月末辺りに文字が読めない・書けないという状況になりました。初めてのことです。読む、考える、決める、書く、が全てダメです。読もうとすると気分が悪くなる。めまいを起こしそうになる。脳が全力で嫌がっている感じがしました。

何をしていても常に気分が悪い。1つのことに集中できない。気持ちが切り替えられない。心が病んでしまったのだろうか?このままいくと間違いなく倒れるーと思い、予定をキャンセルして2日ほど自主的に寝込みました。

目が覚めるまで寝る。起きても眠くなったらすぐ横になる。何も考えない。家事は最低限。食事はきちんととる。

そうしていると2日目のお昼くらいには寝ずに起きていられるようになりました。

体調回復の為に次にやると一番良さそうなことは何だろう。体を動かしてみようかと考えて、子供と散歩に行ってみました。

なかなか良い感じにさっぱりしてきました。

そしてその次は何だろうと考えて、何となくピアノを弾いてみました。基礎的なことから始まり曲の細部など割としっかり練習しました。ピアノを触るのは1週間ぶりくらいだったでしょうか。

1時間ほど弾いてふと気が付くと、頭の中の霧が晴れたかのようにスッキリしてきたではないですか!

どういう仕組みか分かりません。まったく別の脳を使うのか、同じところを違う使い方をするのか、もしかしたら弾いている時は呼吸や体の使い方に意識を集中するので何か瞑想的な効果があるのか。

とにかく集中力や考える時に使う脳が強烈にリフレッシュされた感じがありました。いやすごい発見です。(個人の感想です)

ピアノに助けられようやく頭が元のように働くようになりました。あーよかった。このままどうにかなってしまうのではないかと思いました。

私にとっては倒れそうに疲れた時には早めに睡眠と運動とピアノ、がいちばん良いみたいです。

さてと。この4月からは子供の通学の関係で私の起床時間も1時間早くなりました。より健康的な生活になりそうです。体調も戻ってきたし、気持ちも新たに新年度スタートしたいとおもいます!


■今練習している曲■
チェルニー30番ー6
ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

弾きたい曲から逆算

先日、たまたま手に取った雑誌に「逆算手帳」というものが載っていました。

将来やりたいことを書き出し、それをもとに逆算して今何をしていくか決めていうという手帳術です。(説明不足の点もあるかもしれませんが)

その雑誌には簡易版ですが書き込み式のシートがついており、お試しで体験できるようになっていました。(それらとスケジュール帳が一冊の手帳になっている正式な「逆算手帳」というものが販売されているそうです。)

うん、何だか面白そう!元々手帳術は大好きですし、私にしては珍しくその雑誌を購入してみることにしました。

やり方は3段階。ざっとこんな感じです。

1、 やりたいことを100個書き出す。大きなことも小さなことも時系列関係なくとにかく書き出す。

2、「死ぬまでにやりたいこと」と、「10年後までにやりたいこと」を分ける。「仕事」などジャンルごとに書き出す。

3、「10年後までにやりたいこと」を実現するために、今から10年間にやることを1年ごとに書き出していく。

という手順です。

ちょうど子供がこの春進学予定で、おぼろげながら将来進みたい方向も見えはじめているので、これから先の人生をイメージするのにちょうどいいしと、家族も巻き込んでやってみることにしました。

まず始めにやりたいこと100個書くのですが、やっぱり私の場合最初に出てくるのはピアノのこと!

グランドピアノが欲しい…に始まり、出てくる出てくる(笑)

中でも、具体的に弾きたい曲って何だろう?を考えるのは楽しかったです。私の人生の中で絶対に弾きたい曲ってどの曲だろう。

色々あるけれど、本当に大好きでいつか弾けたら夢のようだなぁと思う曲は2つありました。

まず「ショパンのバラード3番」です。

大人になってから好きになった曲ですが、バラードは3番がダントツに好きです。

そしてもうひとつは、1曲ではなく曲集、シューマンの「幻想小曲集」です。

子供の頃に「飛翔」に夢中になり、今でも暗譜で弾ける数少ない曲です(完成度はまた別の話です汗)。今は「夜に」がツボです。

こんな無謀曲を目標にして良いのか迷いますが、無謀でも夢は夢!ということで、とにかく弾きたい曲に決定しました。

さて、いつまでに弾けるようになろうか。

死ぬまででは遅すぎる。弾かないうちに死んでしまうかもしれない。ここはやはり10年後までにやりたいことにするしかない!

さてそうと決まったら2028年に「バラード3番」と「幻想小曲集」を弾けている為には今からの10年何をしていこうか??

基礎的な力が必要だからやっぱりチェルニーはどんどん進めないと。(今現在1曲ごとに気付きが多すぎて全然サクサク進みません汗)30番だけではたりないのではないか。

バッハもいつまでも2声やってる場合じゃない?早いところ3声に進まないと。

シューマンは「幻想小曲集」の前にまず「子供の情景」のやり残している2曲を弾かないと。

ベートーヴェンソナタもいくつか弾いておきたい。

分析ももっと深くできるようにならなくちゃ。

あ、まずい、ショパンなんてまだ1度も弾いたことない!

大変だー、やらなければいけないことがたくさん!!(嬉しい悲鳴)

本当はやらなければいけないことや、どの順番で進めていくか?など先生に相談すれば話は早いのでしょうが、あまりにも目標が無謀なので…言い出せません。。。

いつか機会があれば軽くさらっと言ってみようか…。いや、今は勇気がなくて無理だ。

まぁ、とにかく。10年後に向けて今やっていることをまずは確実に進めていこう、と猛烈に思いました。

猛進していれば、10年後そこにたどり着いている、かもしれない!

そして今は1年ごとの計画を練っているところです。わくわくしますね。どうせ生きるならわくわくしてこの先の人生歩んで行きたい。

さて。10年後にこの曲が弾けるようになっていたら、残りのピアノ人生はどうしようか。

もしかしたらただひたすらこれらの曲を繰り返し弾いているだけで幸せかもしれない。

バランスを変えたり音色を変えたり。たとえそれが自分にしか分からないような些細な違いでも、そんなことをやっているだけできゃあきゃあと楽しめてしまうかもしれない。

先日のレッスンで早速チェルニーが次の曲に入りました。駒を進めているようでとても楽しいです!

■今練習している曲■
チェルニー30番ー6
ベートーヴェン ソナタ 19番 第1楽章 
ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

すぐ弾かない

昨年最後のレッスンでバッハインヴェンション7番が終了となりました。

次はインヴェンションの中から好きな曲で良いということでしたので13番を弾くことに決めました。

新しい曲に入るのは久しぶり。次に新しい曲を弾くときにはやろうと決めていたことがあります。

それが、「すぐに弾かない」です。

新しい曲を練習するときはいつも嬉しくてとにかく譜面を見ながら指を動かし「ふむふむこんな感じかー」と音をたどるのが楽しい時間ですが。

ですが。

それをやっていると時間がとってもかかる。

と今までの練習で痛いほど良くわかりましたので、次の時は絶対にやらない!と心に決めておりました。要するに先に分析する、というのをやってみたかったのです。やってみると正直とっても辛い。

ピアノの前で楽譜を開きたいけど、開いちゃいけない。うーん、弾きたいのに弾けない。

これは辛かった!

いや、誰かに禁止されている訳ではないのですが。自分で決めたことなのですが。

心を鬼にして、最初にやるのは楽譜をコピーすること!と鬼コーチのように自分に言い聞かせ、まずはコピー。

楽譜に色々書き込んでしまうので私は分析する時はコピーします。余計なことや間違いを書いたり、後から考えたらやっぱり違った、となることも多いので。

泣きながらコピーして、ノートに貼り、ペンを片手に机に座ると諦めもついてきます。

さて、そこからは楽譜から読み取れる、自分の分かることをとにかく書いていきます。

少しずつですが分析をやりはじめて一年ほどたちますので、何から手をつけて良いのかさっぱり分からない、という所からは脱したように思います。調の移り変わりや和音、構成や特徴などを書き込んでいきます。

思えば去年の今頃はハサミをつかってました。主題が変わる所などを切り離さないと頭の中でも分けられなかったんですね。今はさすがにハサミ無しでも分けて考えられるようになりました。

が、今は色分けとかしてます。あまり進歩してないですね。そのうちこれも色を使わなくてもすっきり書き込めるようになるのでしょうか。

とにかく今の自分に分かることを書いてみる。そうしているうちにきっとコツがつかめてくるはず。何年かかるか分かりませんが。

色々と書かれた楽譜を見ながら全体像を考えます。ここはまだ上手く出来ません。が、できる範囲で考え、決めます。

さて、書き込みが終わったらその次はようやくピアノの前に座り、片手ずつ指使いを考えていきます。これもまだスパッとは決められないのでああだこうだ考えながら、修整しながら決めていきます。

なんとなく指使いが決まったら片手ずつ超ゆっくり練習です。音量・動き・フレージングを出来るだけ仕上がりと同じ様に、完成形のスローモーションのように弾きます。

片手ができるようになったら両手で超ゆっくり。

と、ここまできてようやく試しにテンポを上げて弾いてみたところ…

あら、何だか良い感じ!

いつもなら3ヶ月かかる所を1ヶ月で出来た、くらいの感覚!

これは、良い!

と思ったあたりで次のレッスンが来て、春の発表会で新しい曲をやることになり、インヴェンションはしばらくお休みすることに決まりました。

残念ですが無駄にはならない。分析すると良いことがある、と体感してしまったので早速次の曲も「すぐ弾かない」方式を取り入れることにしました。

ついでに少し前にやっていたベートーヴェンソナタ19番の1楽章の方もちょっとした会で弾くことになったので、それもまた解凍(弾いていないのは半年足らずですがすでに弾けなくなっています…。)の前にもう一度分析することにしました。

という訳で2曲分、まずは楽譜をコピー!またしても早く弾きたくてこの段階では涙涙ですが、ここは我慢!

無事分析を終えて練習し始めています。

新しい曲のほうは、ベートーヴェンソナタ8番2楽章。憧れの悲愴です。いや、本当は1楽章と3楽章の方が好きですが…無謀すぎるので2楽章弾けるだけでも天にも昇る気持ちです。

先日始めて両手で合わせてみましたが自分のモタモタした演奏ですら響きの美しさにトリハダ立ちました。

楽しいです。

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
ベートーヴェン ソナタ 19番 第1楽章 解凍中
ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 

レッスンにはベートーヴェンソナタ集上下巻を持って行きます。重い!

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

楽譜のちから

先日、大きな買い物をしました。

ベートーヴェンソナタ集!!
しかもヘンレ版!!
なんと上下巻一度に!!

1年ほど前からいつかお迎えしたいとは思っていました。

19番(op49-1)と出会ったことがきっかけで、それまではロマン派一辺倒でしたがベートーヴェンが大好きに。いつしかソナタの他の曲も弾きたい、全曲の楽譜が欲しいと思うようになりました。しかし、お高い。主婦(少し仕事はしていますが)の私にはとてもとても高価です。どうせ買うなら絶対ヘンレ版が欲しい。でも手が届かない。でもやはり自分の楽譜が欲しい!でも全部弾ける訳でもないし、買う必要が無いといえば無い。買うべきか買わざるべきか…。

かなり迷いました。

何故そんなに悩むのか。気軽に買えないのはお値段のせいだけではなく、この楽譜が特別だからではないか?(あくまでも私にとって、ですが。)どれだけ特別なのかせっかくなのでまとめてみました。

■まず曲数がすごい。
こんなにたくさん、私のスピードでは一生あっても全部をちゃんと弾くことはできません。弾くとなったらそこに費やす時間は莫大です。

■そして内容がすごい。
素晴らしい曲がわんさか入ってます。その情報量というか感動量というかが半端ない。

■そして厚み。
上巻2,2cm、下巻2,5cm。まるで図鑑のような分厚さ。楽譜屋さんに行ってもすぐ見つけられます。他の楽譜と同じように棚に立てると両側に支えがないとぐにゃりと倒れそうになります。図鑑のように固い表紙ではないので崩壊の危険があります。背表紙も何度も開くとバラバラに解体される危険があります。使い込まれて崩壊寸前のソナタ集を何度か見たことがあります。場所をとる上に扱いが大変。でもそこにあるだけでその佇まい、存在感が半端ない。

■そして重さ。
上巻1110g、下巻1260gありました。1巻1キロ以上しますよ。持ち歩きが大変。

など。やはりこの楽譜には他の楽譜にはない特別感があります。

それでも必要だろうか。

そんなある日。知り合いの家を訪ねた時、本棚にベートーヴェンソナタ集を発見。

私より年配の方で、10年来の知り合いなのですがその方がピアノをやっているのを知らなかったので驚きました。楽譜を見せてもらうとそこには書き込みがたくさん。ちゃんと使われた跡がありました。この楽譜を買って、これだけ弾く為には相当な時間と気持ちが必要だったはず。その方の知らなかった一面が一瞬で伝わってきました。そこにはその楽譜と過ごした時間が刻まれていたのです。

そのお宅からの帰り道、私も自分の楽譜を買おうとすでに決心していました。

やはりこの楽譜私には必要!
私もこの楽譜と歴史を刻みたい!

そしてやってきたベートーヴェンソナタ集上下巻。青い表紙が重々しく光を放っています。まぶしいです。子供が「わー見ていい?」といった時には思わず「手洗ってね」と言いましたよ(笑)

生きているうちに何曲紐解くことができるでしょう。逆立ちしても弾ける訳のない曲も楽譜を見ているだけで楽しい。いや、もしかしたら奇跡が起きていつかは弾けてしまうかもしれない。などと考えているだけで生きるちからがぐんぐん沸いてきてしまいます。

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
ベートーヴェン ソナタ 19番 第1楽章 解凍中
ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 分析中

ソナタ集を開く時は背表紙の傷みを気にするのもあって非常に厳かな気分になります(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

弾いたら戻る

去年の年末、前回のレッスンの時のことですが、また小さな発見がありました。

手首を使って、大事な音を響かせる弾き方を習っている時でした。

常に手首をバタバタさせて弾くのは良いこととは言えないと思いますが、大事な音は手首に重さを乗せて、まるで手首で押すように弾くとよく響く、ということです。

例えば片手でメロディーと分散和音を弾く際に、メロディーの音だけ他の音より際立たせたい時などに使うテクニックの一つです。

レッスン中に実際に先生がやって見せてくれて、自分でも試してみました。

が、何だかうまく行かない。

打鍵後脱力するのが大事であろうことは分かったのでやってみると上手く響いたのですが、先生のと違って次の音も重くなってしまいます。

何かが違う!!
何が違うんだろう!!

と思いながら先生の手を見ていて、大事なことに気づきました。

先生の手は打鍵後元の位置に戻ってる!!

私の手は打鍵後だらーっと下がったままになってる!!

…普通すぐ分かることかもしれませんけれども。お子さんでも知ってることかも知れませんけれども。

私には、元(弾く前の待機の位置とでも言うのでしょうかね?)の位置に戻るっていう発想がなかったのでビックリしました!

打鍵後脱力、そしてスッと元の位置に戻してから他の音を弾くと、軽い音が出ました!

やった!

それはまるで、同じ例えば右手なのに別の手から音がでるような感覚です。

脱力してしかも元の位置に戻っているので、その前の音のエネルギーはリセットされていて、新たに別の動きで弾けるから、違う音が出せるって事なのでしょうか。

おお〜!これは今まで弾いてきた様々な曲に使えるかも!fからすぐにpになる時にも使えるかな?!とかなり嬉しくなりました。

早速今まで弾いてきた曲で確認してみました。

すぐには曲の中で応用できませんが、ものすごくゆっくり何度か練習すると少し使えるようになった部分もありました。格段にカッコ良くなります!良い感じ!

これはプロもこの技を使っているに違いない、とyoutubeなどで動画を見てみましたが、見て分かるようなのはごくわずかでした。同じような事を、外から解らないようにやっているのか、別の技が果てしなくあるのか…分かりませんが、やはりプロは様々な技を駆使しているのですね。

…という感じで盛り上がってしまい、レッスンの曲は進んでおりません。

次のレッスンは3日後。
頑張らなくては!

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
・バッハ インヴェンション 13番
分析中
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

気付きの2017年

2018年が始まりました。

今日から子供達の学校も始まり、通常モードの生活が戻ってきました。やっと時間ができたので2017年を振り返ってみようと思います。

2017年は私にとっては激動の一年でした。

レッスンを再開して3年。やっと先生の言っていることが分かり始めて、毎日が気付きの連続。

私にとっては、まるで、ヘレン・ケラーが「water=水である」と分かった時のような衝撃が、日々怒濤のように押し寄せてきた一年でした。

「これが腰の力を脱力するということだったのね!!」
「手の無駄な力を抜いて弾くってこういうことか!!」
…などなど。

ひとつひとつは小さなことですが、長年自分のピアノに大きな不満があった私としては、ひとつ気付くごとに音がどんどん変わっていくのでそれはもう衝撃的!

いちいち衝撃が大きくて、雷に打たれたようになってました。
激しい一年でした。

ここで言う「気付いた」というのは「知識として知っている」という所から一歩進んだ「どうすれば出来るのかが、具体的な自分の体の状態や動きとして分かり始めた」というような感じです。

なので、完璧に出来るのはまだまだまだまだ程遠いですが確実に前よりは良くなっているという状態です。

全然分からない、全然出来ない、と思っていたことでも、じりじりとやり続けていればいつかは少し良くなる!と体感した一年でした。

もうほんとに最初は先生の言ってること、ぜんっぜん分かりませんでしたから!(笑)

何かが出来るようになるには時間がかかる、という当たり前の様なことを改めて本当にそうだと学びました。

でもそれは、今出来ないこともいつか今より(少しは)良くなる、ということ。

2018年も時間を見方につけて、いつかやってくる「これかー!!」を楽しみにピアノ道を歩んでいこうと思います。

今年は春にステージで弾く予定が3つ入っています。まずはそれを目指して頑張ります!

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
・バッハ インヴェンション 13番
分析中
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村