読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

ポリーニさんと一心同体

ピアノを弾く時の脱力加減が分かってから、色々と変化がありましたが、割と大きな変化の一つに「弾きながら呼吸ができるようになった」というのがあります。

もちろん息を止めたまま何分も弾き続けることはできませんから、今までも一応息はしていたことには違いないのですが、今までのは明らかに力の入った不自然なものだった、ということが分かりました。

弾き始めは全身が緊張していますので、まるで泳ぎ始めるときのように、息を吸って、止める!ということをしてから弾き始めていました。4拍子だとすると、1、2、3、ハイ!のハイ!の部分で思い切り肩を上げて息を吸って、次の1拍め、音楽がスタートするところで完全に息をストップ!肩は上がったまま、空気は喉のところに止まったまま!…という感じで弾き始め、どこで吐いているかは全く自覚なく。曲の終わりまで「そういえば息したっけ?」という状態でした。

今まで呼吸について指摘されたことがあったかもしれませんが、意識すればするほど吸うときに力が入り、その力が抜けないので余計に自然な呼吸ができないという悪循環だったんだと思います。

なんてことは無い、体の力が抜けていれば自然な呼吸をしながら弾くことができる。

しかも曲の感じに呼吸を合わせられるようになると、表現がしやすい。
というか呼吸が音となり演奏になり聴いている人に伝わる、と言っている人もいる。
ということは極端に言うと演奏している時の呼吸の状態こそが表現だ、とも言えるのかもしれません。

とにかく、弾いている時に自然な呼吸が出来ているときは、体が上手く脱力できているということがわかりました。緊張しているときなど呼吸が止まっていることに気づいたら「脱力脱力〜」と言い聞かせています。呼吸が出来ている時は音楽と自分が自然に溶け合っているようで、今まで経験したことのないような何とも良い気分になります。


このところ相変わらず悲愴1~3楽章を聴き続けているのですが、もうかなり細部まで聴きこんでいるので、最近は演奏者とどこまで呼吸を合わせられるか、ということを試して遊んでいます。

私の持っている音源はポリーニのものなのですが、弾き始めのブレスから始まり、休符の後の入り方やちょっと緩やかになって息が抜けて行く感じなんかをポリーニさんに合わせるわけです。だんだん鍵盤から鍵盤へ動く、空中での手の動きなんかも見えてきます。そうしていると頭のなかではまるで自分が弾いているような錯覚を起こし、ピッタリ息があったときはとっても気持ち良い!

そんな感じで洗濯物を干しながら巨匠のおじさまとと一心同体になって妄想しているのが毎朝の光景です。
客観的に見たらちょっと、いやかなりキケンかもしれません。
が、家事がはかどる毎日です。

■本日の練習■
シューマン 子供の情景Op15-10
ゆっくり練習

発表会へ向けての練習が煮詰まってきました。思うようにいかなくて力が入ってしまいます。気持ちをリセットするためにあえてあまり弾かないようにしています。


にほんブログ村

スタインウェイ再び

ホールでピアノが弾けるイベントがあるけど、参加しない?とお誘いがありました。

時間を区切ってホールを貸しきりにするというイベントです。ピアノの先生がその1時間枠が取れたというのです。

先月の大失敗があったので、一応迷いましたが参加してきました。ここで断るなんてもったいないことはできませんでした。2ヶ月連続でホールでピアノが弾けるなんて!

早速申し込み、先生と教室の他の生徒さんと時間を分けて弾くことになりました。先月よりも大きいホールで、楽器はまたスタインウェイです。

私が弾いたのは15分ほど。
先月のは「出なければ良かった…」と思いましたが、今回はとっても意義のある経験になりました!

まず自分の音がちゃんと聴こえた。

先月ほど緊張しなかったので、自分の音をよく聴きながら、体の状態も確認しながら「次はこう、ここはこう」と音楽に集中しながら弾くことができました。

さらに、スタインウェイの音があまりにも素敵で、聞き惚れてしまいました。メロディーが歌うように流れ、フレーズの終わりのほうは美しく終わります。自分が弾いていると思えないような感じで、私の力不足を楽器が補ってくれるような感覚でした。

緊張していないとこんなにも気持ち良いものなのか?!

うっとりしながら弾いていて、「あ、次は苦手な曲だ」と思った瞬間、いつも間違えないところで和音を間違える!弾き直してもまた間違える!きゃー!…雑念が入ったとたんボロボロになりました。

ともかく。15分弾き終えた時はなんだかとても充実感がありました。

何故今回は割と思うように弾けたのか。

まず、お客さんが居なかった、というのはあると思います。イベントの間客席は開放されていましたが、お客さんは一人も居らず、出演する先生と生徒さんだけでした。身内だけですね。

それでも舞台の上ということはいつもと状況が違うので、私のことだから緊張すると思っていました。

でもそんなに緊張しなかったということは他に理由があるはず。

演奏時間が長かった?

先月は持ち時間5分、今回は倍以上の15分。時間が長かったので時間が進むにつれて慣れて落ち着いて弾けたのだろうか。

あとは、やはり練習量?

練習が進んでくると「ここはこう弾きたい」がたくさん出てくるので他の余計なことを考えている暇がなくなるので音楽に集中できた。

ということなのかなと思いました。

曲の仕上がりとしてはまだまだやることがありますが、舞台の上でいつものように弾くという貴重な経験をすることができました。今回は出て良かったー!と心底思いました。

そしてもうひとつ、家に1台スタインウェイが欲しいー!とも心底思いました。


■本日の練習■
シューマン 子供の情景 Op15-4〜10
メロディーをいかに歌うか考える。
・Op15-10
音をはずさないようゆっくり練習。


今何故かブラームスの「雨の歌」の楽譜が家にあります。ブログに「雨の歌」のことを書いた数日後、まったく偶然我が家にやってきました。不思議です。もちろんすぐに弾いてみましたが、冒頭のシンプルな和音の伴奏部分だけでトリハダものです。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

ノーマークだったブラームス

クラシックが好きな割に知っている曲が少ないので、新しい曲に出会ってものすごい衝撃を受けることがあります。

最近の大きな出会いは、ブラームス ヴァイオリン ソナタ第一番、「雨の歌」。

普段はほぼピアノ曲しか聴きません。この曲は以前譜めくりをした時のヴァイオリンリサイタルの曲目の一つでした。

楽譜を受け取り、YouTubeで聴きながら楽譜を追いました。
何度か聞くとフレーズが頭に入ってきました。
なかなか素敵な曲ではないですか。

ブラームスといえば、私の大好きなシューマンと関わりがあります。シューマンに才能を見出され、シューマンの妻であるクララシューマンに恋心を抱いていたことも有名です。

そしてこの「雨の歌」、ブラームス自身の歌曲がもとになっており、なんとその歌曲はクララシューマンのお気に入りの曲だったのです。

そうと知ってしまうと、シューマン好きとしては妄想が膨らんでしまって止めることができません。ブラームスの切ない思いがこもっているとしか聴こえません。もう素敵な曲どころではありません。聴けば聴くほどブラームスの心の叫びが聴こえてくるようになります。

第一楽章。切ない気持ちを抑えるように静かに始まる第一主題。そして第二主題、ブラームスはクララへの思いを歌い出します。ブラームスの熱い思いがうねりのように押し寄せてきます。高音域ではクララが優しくほほえんでいます。(…あくまでも私の妄想です)

もう感情が揺さぶられて冷静に聴いていることなどできません。

リサイタル前のリハーサルで初めて生ピアノ生ヴァイオリンで聴いたときは当然泣きました。
こんなの聴きながら譜めくりできませんってー!
冷静さを取り戻し譜めくりに集中するのがほんとに大変でした。

ということで、雨の歌は私にとって忘れられない曲になりました。
何度聞いても第二主題のあたりでは感動で泣きそうになります。
ブラームス、これまでは一曲も聴いたことがありませんでした。ほんとにノーマークでした。

世の中には私の知らない名曲がまだまだたくさんあると思うとワクワクしてしまいます。
勉強することは果てしなくありますね。

ブラームスを今月のCDにしようと思っていましたが、いつもの図書館にはヴァイオリンソナタのCDはありませんでした。とても残念ですが、リサイタルの音源がそのうち出来上がるということなので、それを首を長くして待とうと思います。
早く気が済むまで聴き込みたい!

余談ですが、今月はとくに新しいCDは借りなかったので、元々持っている曲を色々聞いているのですが自然にベートーヴェンソナタを選んでしまいます。何でしょうか。中毒性ありますね。ベートーヴェン恐るべし。朝家事をするときは「悲愴」全楽章を聴くのが日課です。はかどります。

■本日の練習■
シューマン子供の情景
Op15-4 少し速くしてみる
Op15-7 中間部分どう歌うか考える

最後はアップライトの蓋を開けて通して練習しました。
音の聞こえ方が変わるだけで動揺していつも通りに弾けなくなります。
環境を変えて色々な状況に慣れるのも大事かなと思っています。



にほんブログ村

コルセットをして弾くとどうなるか

先日、レッスンで思うように弾けず、落ち込んでいました。その後子供と公園に行ってももやもやした気分が抜けませんでした。

緊張のせいで体に力が入ってしまい音は外すし途中で止まるし。すっかりダメなモードに。腰の力を抜くことが全然できなかった。何でそうなってしまうのか。第一練習不足だし。でも、そんな簡単にいつでもどこでも思う通りに脱力して弾けると思うのが間違っている、出来るようになるためには時間がかかると思って取り組まなきゃ。。。

などとごちゃごちゃ考えていたら、不注意で転倒し腰を強打してしまいました。腰の辺りのことを考えていたら腰を打ってしまったのです。

気づくと公園内の歩道に仰向けに倒れていました。

しばらくそのまま立てませんでした。あんなに無防備に歩道に寝そべったのは生まれて初めてです。目の前に広がる青空を見ながら、自分がとってもおっちょこちょいだということを思い出しました。歩きながら考え事をするなんて危険なことをしてしまった。

幸い骨には異常はありませんでしたが、そんな訳で5日ほど日常生活に支障をきたし、もちろんピアノも弾けませんでした。

そのうちひどい痛みも引いてきて靴下も自分ではけるようになったので、6日目ピアノを弾いてみました。

せっかくなのでコルセットをしたまま弾くとどうなるか実験してみました。

結果は、意外と弾ける、でした。

私が弾いてる曲があまり音域が広くないということもあるのですが、じゃまになって弾けないということもなく、コルセットに支えられた状態で腰の辺りの筋肉を脱力すると、音も良く鳴りました。ペダルも問題なし。

結局一番強打したのが尾てい骨だったので、ピアノを弾くのにはあまり支障なかったようです。

腰椎とか座骨を痛めていたらもっと大変だったかもしれません。

それから、立ったり座ったりする時には「ピアニストなら誰でも知っておきたいからだのこと」が役に立ちました。

体を動かす時に頭が前に出ている状態だと腰に負担がかかり、とても痛い。それが、本に載っているような、背骨で頭がささえられている状態だと立ったり座ったりしてもあまり痛くない!

こんな所で役に立つとは思っていませんでした。良い姿勢は何事にも大事ですね。

とにかく。

春休みも終わって、やっとまともに練習できるようになったのだから、早く治して発表会に向けて仕上げていかなくては!

■本日の練習■
シューマン子供の情景op15-4〜10
録音して聴きながらおかしな所を調整
・15-10音を外さないよう暗譜でゆっくり練習

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

くしゃみをすると頭から尾てい骨までが連動して、激痛が走るということもわかりました。くしゃみは絶対にしないことにしています。

飛翔が飛翔するまで30年

中学生の頃、友達が弾いていてあまりにカッコイイので、楽譜をコピーさせてもらった曲あります。その曲はシューマン作曲「飛翔」です。幻想小曲集の中の一曲というのは先日知りました。

とにかく好きで、当時のレッスン曲そっちのけで練習したのを覚えています。

しかし、楽譜は追える、音は押さえられる、でも何か違う。何かが全然違うー。と挫折しました。

それからというもの数年に一度弾きたくなる時期があり、昨年夏にも一度その波がやってきました。そして同じく、やっぱり違うということで封印していました。

そして先日またその波が。今ならもしかしたら少しは飛翔らしく弾けるんじゃないか?という淡い期待が心に浮かんでしまったのです。

早速弾いてみると、今までと比較にならない飛翔っぷり!

3日ほど夢中で飛翔ばっかり弾きました。

やっぱり手に馴染んでいる曲だと、体に意識を向けながらでも弾けるので、良い脱力状態で弾くことができるのです。そして良い脱力具合だと、音が響く!そうそう、こう弾きたかったの!という音が30年かかってやっと出ました。

もちろん、上手くいくのはところどころです。でも今までの私の弾いていた飛翔とは全然違う。あくまでも当社比です。でも、しつこいようですが約30年かかってますから。嬉しさもひとしおです。

とりあえず気がすんだのでまた再び封印します。3日間家族に迷惑かけました。激しいんですよね、飛翔。

いつかレッスンで幻想小曲集が弾けたら夢のようだなと思います。

さて、遊んでばかりはいられない。今度こそ発表会に向けた練習に戻らなければ。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

スタインウェイに完敗

先日、ホールでピアノを弾く機会がありました。

弾き方が安定していない、バイエルばっかり弾いていて練習不足、という全く準備出来ていない状態でしたが、せっかくエントリーしていたので予定通り出演してきました。

結果は予想以上の惨敗!

ピアノはスタインウェイ。弾き始めると、打鍵と音の出るタイミングが全くつかめない。鍵盤がやけに重く感じる。打鍵してから音が鳴るまでずいぶんかかる。あれ?こうかな?いや違うな?悪戦苦闘。まったく感覚を掴めないうちに終了。

撃沈です。

脱力し過ぎだったのか。ただ「その楽器に合わせる」という力がまだまだ足りないだけなのか。ものすごく前向きに考えると、音の出る瞬間に以前より敏感になっているということなんだろうか。

ちゃんと演奏することは初めから諦めていたので、スタインウェイの音を楽しもうと思って参加しましたが、音色なんて全く聞こえませんでした。かろうじて止まらずに最後まで弾いた、という感じです。そんな演奏だったにもかかわらず、聴いていた人には、良かったよ、すごく落ち着いて見えた。と言っていただきました。そんな風に見えていたとは!

いっそのことバイエルを弾きたかった。どのくらいで弾くとどのくらいの音がでるのか確認したかったなぁ。

発表会のリハーサルのつもりでエントリーしましたが、出ないほうが良かったんじゃないかという思いがよぎりました。

自分としては全く収穫のない演奏会でしたが、とても勉強になったのは他の方の演奏。市民参加型の演奏会なので、子供から大人まで幅広い方が演奏します。

ドレスの人が居たり、普段着のような服装の人も。セーター着て、ちょっと来てみました、みたいな雰囲気の人が素晴らしい演奏をしたりして、とても面白いです。「私はこの曲をこう弾きたい!ここが好きなんだ!」というのが伝わってくるような意思のある演奏が好きです。プロの演奏会ももちろん好きですが、プロでない人の演奏もとても興味深い!

あまりの不出来に意気消沈していましたが、他の方の演奏に刺激を受けて一転、私も頑張ろうという気持ちになれました。

■本日の練習■
・バイエルを使った練習
シューマン子供の情景Op15-4、5、7暗譜できていない所の確認

発表会の時は当日リハーサルができるから、今回ほどの惨劇にはならないはず。あと練習不足は緊張につながるので、発表会までにはちゃんと練習しよう、と改めて思いました。
頑張ります。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

急がばバイエル

新しい弾き方が一向に定着しないのでブルクミュラーで練習していましたが、それでもしっくりせず、試しにバイエルを弾いてみました。

このくらいが丁度良い!

ほぼすべての意識を体の状態に集中させて弾くにはここまでしたほうが良さそうな予感です。

今は14番あたりを弾くのが気に入っています。2小節で右手でドレミファソファミレ ドーーーソーーーを弾く間に左手でドーーーソーーー ドレミファソファミレを弾きます。ほぼその繰り返しで終わる曲です。

これを理想的な脱力状態で座ることが出来ているか意識しながら弾きます。

ゆっくり。速く。
pで弾いたりfで弾いたり。
どこかひとつの音だけ強調してみたり。
クレッシェンドをあちこちにつけてみたり。

これを脱力した状態からぶれないようにやるわけです。

それが難しい!
とくにfやクレッシェンド。

音を出すときに力で鍵盤を押すのではないと分かったものの、じゃあ大きい音を出すには何をどうすればいいのだ???

全く謎が深まる一方です。

そんな練習をしているとあっという間に30分くらい経ってしまいます。

とりあえず今は1日の練習時間を半分に分けて、バイエルを使っての新しい弾き方に馴染む為の練習をやってから、今まで通りのテクニックや曲を弾く為の練習をやることにしました。

曲が一向に進みませんが今は割りきって。。。

今の状況を車の運転に例えると。
35年間サイドブレーキをかけたまま運転していたようなもの。

運転する時はこれ外すのか!と気づき、なんだそんなにアクセルを踏まなくても走れる、と分かったものの、踏み加減がわからなくてとてもじゃないけど公道は走れないからもう一回教習所に通いたくなった、という心境と似てるかもしれません。

■本日の練習■
・バイエル14番
シューマン子供の情景 op15-7、9、10

今日は1時間の練習でした。



にほんブログ村