Ariettaのピアノ日記

ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます

楽譜のちから

先日、大きな買い物をしました。

ベートーヴェンソナタ集!!
しかもヘンレ版!!
なんと上下巻一度に!!

1年ほど前からいつかお迎えしたいとは思っていました。

19番(op49-1)と出会ったことがきっかけで、それまではロマン派一辺倒でしたがベートーヴェンが大好きに。いつしかソナタの他の曲も弾きたい、全曲の楽譜が欲しいと思うようになりました。しかし、お高い。主婦(少し仕事はしていますが)の私にはとてもとても高価です。どうせ買うなら絶対ヘンレ版が欲しい。でも手が届かない。でもやはり自分の楽譜が欲しい!でも全部弾ける訳でもないし、買う必要が無いといえば無い。買うべきか買わざるべきか…。

かなり迷いました。

何故そんなに悩むのか。気軽に買えないのはお値段のせいだけではなく、この楽譜が特別だからではないか?(あくまでも私にとって、ですが。)どれだけ特別なのかせっかくなのでまとめてみました。

■まず曲数がすごい。
こんなにたくさん、私のスピードでは一生あっても全部をちゃんと弾くことはできません。弾くとなったらそこに費やす時間は莫大です。

■そして内容がすごい。
素晴らしい曲がわんさか入ってます。その情報量というか感動量というかが半端ない。

■そして厚み。
上巻2,2cm、下巻2,5cm。まるで図鑑のような分厚さ。楽譜屋さんに行ってもすぐ見つけられます。他の楽譜と同じように棚に立てると両側に支えがないとぐにゃりと倒れそうになります。図鑑のように固い表紙ではないので崩壊の危険があります。背表紙も何度も開くとバラバラに解体される危険があります。使い込まれて崩壊寸前のソナタ集を何度か見たことがあります。場所をとる上に扱いが大変。でもそこにあるだけでその佇まい、存在感が半端ない。

■そして重さ。
上巻1110g、下巻1260gありました。1巻1キロ以上しますよ。持ち歩きが大変。

など。やはりこの楽譜には他の楽譜にはない特別感があります。

それでも必要だろうか。

そんなある日。知り合いの家を訪ねた時、本棚にベートーヴェンソナタ集を発見。

私より年配の方で、10年来の知り合いなのですがその方がピアノをやっているのを知らなかったので驚きました。楽譜を見せてもらうとそこには書き込みがたくさん。ちゃんと使われた跡がありました。この楽譜を買って、これだけ弾く為には相当な時間と気持ちが必要だったはず。その方の知らなかった一面が一瞬で伝わってきました。そこにはその楽譜と過ごした時間が刻まれていたのです。

そのお宅からの帰り道、私も自分の楽譜を買おうとすでに決心していました。

やはりこの楽譜私には必要!
私もこの楽譜と歴史を刻みたい!

そしてやってきたベートーヴェンソナタ集上下巻。青い表紙が重々しく光を放っています。まぶしいです。子供が「わー見ていい?」といった時には思わず「手洗ってね」と言いましたよ(笑)

生きているうちに何曲紐解くことができるでしょう。逆立ちしても弾ける訳のない曲も楽譜を見ているだけで楽しい。いや、もしかしたら奇跡が起きていつかは弾けてしまうかもしれない。などと考えているだけで生きるちからがぐんぐん沸いてきてしまいます。

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
ベートーヴェン ソナタ 19番 第1楽章 解凍中
ベートーヴェン ソナタ 8番 悲愴 第2楽章 分析中

ソナタ集を開く時は背表紙の傷みを気にするのもあって非常に厳かな気分になります(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

弾いたら戻る

去年の年末、前回のレッスンの時のことですが、また小さな発見がありました。

手首を使って、大事な音を響かせる弾き方を習っている時でした。

常に手首をバタバタさせて弾くのは良いこととは言えないと思いますが、大事な音は手首に重さを乗せて、まるで手首で押すように弾くとよく響く、ということです。

例えば片手でメロディーと分散和音を弾く際に、メロディーの音だけ他の音より際立たせたい時などに使うテクニックの一つです。

レッスン中に実際に先生がやって見せてくれて、自分でも試してみました。

が、何だかうまく行かない。

打鍵後脱力するのが大事であろうことは分かったのでやってみると上手く響いたのですが、先生のと違って次の音も重くなってしまいます。

何かが違う!!
何が違うんだろう!!

と思いながら先生の手を見ていて、大事なことに気づきました。

先生の手は打鍵後元の位置に戻ってる!!

私の手は打鍵後だらーっと下がったままになってる!!

…普通すぐ分かることかもしれませんけれども。お子さんでも知ってることかも知れませんけれども。

私には、元(弾く前の待機の位置とでも言うのでしょうかね?)の位置に戻るっていう発想がなかったのでビックリしました!

打鍵後脱力、そしてスッと元の位置に戻してから他の音を弾くと、軽い音が出ました!

やった!

それはまるで、同じ例えば右手なのに別の手から音がでるような感覚です。

脱力してしかも元の位置に戻っているので、その前の音のエネルギーはリセットされていて、新たに別の動きで弾けるから、違う音が出せるって事なのでしょうか。

おお〜!これは今まで弾いてきた様々な曲に使えるかも!fからすぐにpになる時にも使えるかな?!とかなり嬉しくなりました。

早速今まで弾いてきた曲で確認してみました。

すぐには曲の中で応用できませんが、ものすごくゆっくり何度か練習すると少し使えるようになった部分もありました。格段にカッコ良くなります!良い感じ!

これはプロもこの技を使っているに違いない、とyoutubeなどで動画を見てみましたが、見て分かるようなのはごくわずかでした。同じような事を、外から解らないようにやっているのか、別の技が果てしなくあるのか…分かりませんが、やはりプロは様々な技を駆使しているのですね。

…という感じで盛り上がってしまい、レッスンの曲は進んでおりません。

次のレッスンは3日後。
頑張らなくては!

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
・バッハ インヴェンション 13番
分析中
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

気付きの2017年

2018年が始まりました。

今日から子供達の学校も始まり、通常モードの生活が戻ってきました。やっと時間ができたので2017年を振り返ってみようと思います。

2017年は私にとっては激動の一年でした。

レッスンを再開して3年。やっと先生の言っていることが分かり始めて、毎日が気付きの連続。

私にとっては、まるで、ヘレン・ケラーが「water=水である」と分かった時のような衝撃が、日々怒濤のように押し寄せてきた一年でした。

「これが腰の力を脱力するということだったのね!!」
「手の無駄な力を抜いて弾くってこういうことか!!」
…などなど。

ひとつひとつは小さなことですが、長年自分のピアノに大きな不満があった私としては、ひとつ気付くごとに音がどんどん変わっていくのでそれはもう衝撃的!

いちいち衝撃が大きくて、雷に打たれたようになってました。
激しい一年でした。

ここで言う「気付いた」というのは「知識として知っている」という所から一歩進んだ「どうすれば出来るのかが、具体的な自分の体の状態や動きとして分かり始めた」というような感じです。

なので、完璧に出来るのはまだまだまだまだ程遠いですが確実に前よりは良くなっているという状態です。

全然分からない、全然出来ない、と思っていたことでも、じりじりとやり続けていればいつかは少し良くなる!と体感した一年でした。

もうほんとに最初は先生の言ってること、ぜんっぜん分かりませんでしたから!(笑)

何かが出来るようになるには時間がかかる、という当たり前の様なことを改めて本当にそうだと学びました。

でもそれは、今出来ないこともいつか今より(少しは)良くなる、ということ。

2018年も時間を見方につけて、いつかやってくる「これかー!!」を楽しみにピアノ道を歩んでいこうと思います。

今年は春にステージで弾く予定が3つ入っています。まずはそれを目指して頑張ります!

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
・バッハ インヴェンション 13番
分析中
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

体重移動に少し進歩が

12月も半ばを過ぎ、主婦としてはサンタ業や年賀状準備、それに加え今年は仕事もあり忙しい日々ですが、隙を見てピアノの練習は続けています。

今日も午前中出かける前に10分、外出から帰って子供が帰宅するまでの間20分、練習しました。

細切れにしか練習できませんが日々「これはもしや?!」という発見があります。

先日気付きがあったのは体重(重心)移動に関すること。

鍵盤の高い音域(右側)を両手で弾くときは重心も右側に移動しましょう、というやつです。

これが私は全然できないのです。

レッスンでは重心移動するべき箇所では毎回毎回「ここは右に移動しましょう〜」などと言われます。がいつも不自然にしかできません。

腰の辺りに力が入りすぎていたことに気づいた時期に、「真ん中に重心を置く」ということがやっとわかったのですが、その時はこれを左右に移動させながら安定して弾くなんて絶対に無理!!と思いました。

それから何ヵ月たったでしょうか。

やっとほんの少しヒントが分かりました。

どうやら体重移動したときに、例えば右に移動して弾こうとすると、左のお尻を浮かせようとものすごく腰回りに力が入る、さらに右に移動したことで右肩が下がってバランスを失い、ものすごく不安定になっている、のではないかと気づいたのです。

それで、今日練習の時に弾いている姿を真後ろから動画で撮ってみました。

やっぱり!!

完全に右肩が下がって今にも倒れそうに弾いている。そんな格好で弾けるわけないじゃんと思わずツッコミ入れたくなるくらいでした。本当に体の使い方が不器用なんですね、私。

試しに右肩を上げる、というか右肩を下げない、両肩の高さを揃えるようにしてみたら、…弾きやすい!これで腰の辺りの力を抜ければ前より自然に弾けそうです!

もちろん曲を弾いている中ではそれが常に右に行ったり左に行ったりするわけなのでその移動が自然に出来るのが理想ですが、今はまだまだ無理です。まずはせめて右でも弾ける、左でも弾ける、という所を目指して行こうと思います。

ハードルは低く。身の丈に合わせて(笑)。

肩の高さを揃えるというのは知識としては知っていたはずですが、今までは知っていても全然出来なかった。自分の事として自分と重なった瞬間、出来るようになる、というのが何とも不思議で面白いですね〜。

ちなみに真後ろから動画を撮ってみたら手首の上下の動きがハッキリわかるので肩の位置よりもまずそちらに目が釘付けでした!

親指を使うとき思ったより手首が下がっている。親指の独立がだいぶ進んで来たかなと思っていたのに。自分の目で見ているときは良くなったように見えていたのですが、まだまだダメでした。なかなか手強いですね。引き続き頑張ります。


次のレッスンが近づいています。バッハのインヴェンション7番がやっと仕上がってきました。そろそろ次に行きますかね。いや、案外ここからが長いのかもしれません(泣)


■今練習している曲■
ツェルニー30番ー4
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

半年振りのレッスン

先日、約半年振りのレッスンがありました。

手の無駄な力みが抜けた話をし、音も聴いてもらいました。

先生も変化を分かってくれました!

もうそれだけで感無量。独りよがりではなかった。分かってもらえた。この日のレッスンは終始興奮ぎみでした(笑)

そして久々に先生のピアノで泣きました。レッスン中、何かの例えでショパンのバラードをパラパラっと弾いてくださったのですが、これがもうものすごく良かったです。やっぱり先生のピアノが一番琴線にふれます。

さて。
レッスンではベートーヴェンソナタは意外と無残に斬られる、ということはなく、逆にそれ以外がボロボロでした。やはり半年レッスンがないと好きな曲(ベートーヴェン)は弾くけど苦手なものは全然弾かなかったですからね。

これからは真面目に(笑)まんべんなく弾きます。

それからアルペジオについて色々と聞いてきました。人によってやり易い動きは違うということですが、指をくぐらせる動きを色々な角度から見せてもらいました。とにかく毎日こうかな?いやこっちかな?と鏡を見ながら試行錯誤中です。

手の脱力が進んでから何故かバッハのインヴェンションに進歩の兆しが見えはじめています。フレーズを歌うということがほんのちょっと分かりかけているようないないような。指のコントロールが前より良くなったことと何か関係があるんでしょうか。

いつもは苦手意識があるからか、バッハはつい後回しになってしまいますが次のレッスンまでもう少し力を入れて取り組んでみようかなと思います。


■今練習している曲■
ツェルニー30番ー1
ツェルニー30番ー2
ツェルニー30番ー3
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

脱力と指くぐり。

手の無駄な力を抜くことが出来るようになって、手首から先が縦・横・斜めに、3D的?に、意図して動かせるようになりました。

常に楽に弾くためには、鍵盤のどこを弾くかによって角度や動かし方を変えて、その都度楽に動かせる形に持っていけば良い、ということなのかな?

今まで弾いていた曲もこのやり方で弾こうとすると全く違う感覚です。慣れるまで時間がかかりそう。

親指で鍵盤を押さえる時はちょっと角度が変わります。どこに親指がくるかで手の持っていき方が変わります。なかなか難しい。

慣れるためにどうしたら良いだろうか。単純な規則的な動きで、鍵盤の場所の移動を伴うもの…と考えてハノンを引っ張り出してきて弾いてみました。1番めの、ドミファソラソファミ…のやつです。

そうそう、こんな感じ。ツェルニーでは複雑すぎる。このくらいシンプルで、鍵盤の移動の幅は広く、体と手との角度が色々試せるのが良さそうです。

両手でいっぺんにやるのは難しくて上手くいきませんでした。親指の出番が左右別々だから。片手ずつ弾くのが良い練習になりました。

そのうちだいぶスムーズに動くようになってきました。この感じでいくと、もしかしたら指くぐりが前よりやり易くなっているんじゃないか?と思いついてまずはスケールを弾いてみました。

やっぱり!

今までよりも格段になめらか!

これはアルペジオもいけちゃうんじゃないか?!

と、アルペジオを弾いてみました。

…が。アルペジオはそんなに変わっていませんでした。

やはりコツをつかんでいないのでダメです。でもなんだか出来そうな気がする!もう一度先生に教えてもらおう。

そんなことをやっているうちに、先生からレッスン再開のお知らせが来て、やっと次のレッスンの日にちも決まりました。実は明日です。

レッスンの日が決まるとやはり気持ちが全然変わりますね。ヤバい、やらなきゃ、と(笑)

今回は聞きたいことがたくさんあるのでとっても楽しみです。

レッスン前に仕上がり具合を確認…とベートーヴェンソナタを録音してみたら、思ったほど良くなって無い!

脱力が進んで音が変わった!と思っていたのに、それほど変わっていない??とがく然としましたが、もうジタバタしても始まりません。明日ですから。

とにかく、私なりに感じた変化を先生にも確認してもらってきます。そしてレッスンの無かった半年の間、独学で恐らくめちゃくちゃな方向に深まっているベートーヴェンをばっさばっさと斬ってもらってきます。

■今練習している曲■
ツェルニー30番ー1
ツェルニー30番ー2
・バッハ インヴェンション 7番
ベートーヴェン ソナタ 19番第2楽章

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

祝一周年

このブログ、気付いたら始めてから一年が経っていました!

何事も長続きしないタイプですが一年続けられることができたのはやはり見て下さる方がいらっしゃるからだと思います。

ITオンチで右も左もhtmlもはてな記法も何のことだか分かりません。写真を載せるのもどうすれば良いのか分かりません。

でも、そんな私がブログを始めたのは、

「ピアノのことでどうしても言いたいことがある!」

ただそれだけでとにかく始めてしまいました。

役に立つ情報はひとつも書いていません。文章力もありません。それにもかかわらず、読んで下さり、星までつけて下さる方もいて、本当にありがとうございます!!とっても嬉しかったです!!

そしてブログを書いてみて分かりましたが、書くことで他の方のブログもよく見るようになり、私にとっては情報収集のスピードがものすごくアップしました。私は何も有益なものを発信していないのに(汗)受けとるばかりで申し訳ないのですが、この場をかりてお礼を申し上げたいです。ピアノ上達の為のヒント、書籍、知らなかった曲などたくさんの出会いがありました。

今後もきっとこのままの書き方で行くことしかできません。でもまだまだ出来ないことがたくさんあるし伸びしろがあると信じています。「喋るように自由にピアノを弾く」という目標に、生きているうちにどれだけ近づけるか。しぶとく、じわじわと、諦めずに上達を目指して行きます。

まだまだ言いたいことがたくさんありますので、これからもどうぞよろしくお願いします。


Arietta


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村